PREV| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | コメント(-) | トラックバック(-) | TOP↑

≫ EDIT

アロマ講座5-犬のアロマセラピーの方法(1)

わんちゃんへのアロマセラピーの主な方法は次の2つです。
 1.芳香浴
 2.アロママッサージ

今日は「1.芳香浴」についてです。

 1.芳香浴(ほうこうよく)
 「芳香浴」は、香りを嗅ぐことで、精油の芳香成分をからだに取り込む方法です。
 芳香成分は、鼻から決まったルートをたどり、脳へ到達します。 そして脳の中の「感情(気持ち)」に関係する部分や、ストレスのダメージを受けやすい部分へ伝わります。

 ・感情に伝わる
 「いい香り」と感じたときには、心がホッとしたり、元気になったりします。 それにより不安や緊張が和らいでいきます。

 ・ストレスダメージを受けやすいところへ伝わる
 からだや心のバランスを調整しているのが、脳の中の「視床下部(ししょうかぶ)」という部分です。 香りはもっともストレスを受けやすい部分である視床下部にはたらきかけて、自律神経・ホルモン・免疫のバランスを整えるはたらきをします。

 ストレスがからだと心に与える影響についてはこちら

芳香浴の具体的な方法をご紹介します。

 ■アロマライト
電気式のアロマライト(写真1)のお皿に少量の水をいれて精油を2~3滴たらします。
 水が温まってくるにつれて香りが広がってきます。
 やさしい香りに包まれて不安や緊張がほぐれリラックスしてきます。

アロマライトがなければ、マグカップなどでもOK。 お湯をいれて精油を2~3滴たらします。
 ※どちらもわんちゃんの手が届かないところに置きましょう。
※キャンドル式のアロマポットは雰囲気があって素敵ですが、わんちゃんがいる場合は使わないでくださいね。誤って倒してしまったら大変です。

■アロマスプレー スプレー
容器に精製水と精油を数滴入れたアロマスプレーを作っておくと便利です。
 リラックス効果のある精油で落ち着かせたり、元気の出る精油で明るい気持ちにしてあげることができます。
 また、精油には殺菌効果の高いものが多いので、空気の清浄やデオドラントにも使えます。 精油の忌避効果(きひこうか=虫を寄せ付けない)を利用してノミ・ダニ予防をすることもできます。
アロマスプレーの作り方はこちら

■こんな方法も
 ・バンダナや洋服に1滴
たとえば、外が苦手なわんちゃんに気持ちを明るく元気づける香りをつけてあげると、不安や恐怖をやわらげることができます。

 ・タオルに1滴
お留守番のとき、タオルなどに1滴つけて、ハウスの近くに置いておくこともできます。 不安で震えてしまうような子には明るい気分にさせる香り、落ち着きがなくなってしまう子にはリラックスできる香りを選んであげましょう。

次回はアロママッサージについてです。 マッサージの効果、マッサージオイルの作り方をお話しますね。
スポンサーサイト

| 未分類 | 08:19 | comments(1) | trackbacks(0) | TOP↑

COMMENT

面白いですねwwww

| ネリ | 2006/05/29 08:19 | URL | ≫ EDIT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://dogaroma.blog56.fc2.com/tb.php/34-8b2a7f2f

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。