2006年06月 | ARCHIVE-SELECT | 2006年08月

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | コメント(-) | トラックバック(-) | TOP↑

≫ EDIT

宇宙人fromハワイ

先週はちょっと早めの夏休み。ハワイ島へ行ってきました♪
とても気持ちよくてしあわせ~な1週間でした。(^o^)
きれいな海で遊んだり、溶岩が流れるところを見たり・・・。

 旅行の間、みるくはブリーダーさんのお家に里帰り。 お友達とたくさん遊んできたみたいです。
 みるくのパパとママもそこにいるのですが、一緒に生活しているわけではないのでお互いに親子だとわからないとのこと。
 感動のごたいめ~んにはならないようです(笑)

私が海外に行くと、必ず行くのがスーパーマーケット
おもしろいものがたくさん売っています。 モチロン、犬モノは要チェックです。
まずはドッグフードの袋のサイズに驚きました。
日本では10kgくらいの袋を見たことがありますが、さすがアメリカンサイズ。実際の重さはわからなかったけれど、3倍くらいはありそうでした。
でも犬の大きさは変わらないはずなんだけど・・・。(^_^;)


そして、みるくへのお土産を発見!宇宙人_1


緑色のエイリアン、そう、宇宙人のぬいぐるみ。
かわいいとはいえないので、日本では売れないだろうなぁと思いつつ、せっかくなのでアメリカっぽいものをと、買ってしまいました。

さて、みるくの反応は・・・ とっても気に入ったみたいで、一緒に寝ています♪
あご枕にも気持ちがいいみたいです。 くわえるとキュッキュと音がするし、投げると宇宙人がコロコロとよく転がるので追いかけるのも楽しいみたい。
さすが新しいもの好きのみるく。
スポンサーサイト

| みるく&りんす | 11:07 | comments(1) | trackbacks(0) | TOP↑

≫ EDIT

アロマ講座7-アロマセラピーの注意<重要>

精油=天然=安全?

アロマ講座で精油の効果やアロマセラピー実践方法などをご紹介しているので、わんこのアロマセラピーに興味をもっていただけた方もいらっしゃると思います♪
今回はわんちゃんと飼い主さんが楽しく安全にアロマセラピーを行うために、とても大切なことをお話ししますね。

アロマセラピーで使う「精油」は自然のものですが、「自然=安全」ではありません。
精油は、花や葉の状態のときに比べて大変濃縮されています。
安全に使用するためには以下の点に注意し、正しい方法でアロマセラピーをおこないましょう。

 ■使用時の注意
 1)原液を直接肌に塗らない → 必ず希釈(薄める)しましょう。

 2)飲用しないでください。

 3)目に入らないよう十分注意しましょう。

 4)精油は引火性があるため、火気のまわりでの使用は十分注意しましょう。

 5)以下の疾病(または可能性がある)の場合は使用しないでください。
  てんかん、喘息、糖尿病、腎臓病、高血圧
  また、その他の疾病も治療中・療養中の場合は医師に相談してください。

 6)通経作用(生理を促す)のある精油があるため、妊娠時は使用しないようにしましょう。  (使用できる精油もあるので、十分な知識のある医師などに相談してみてください)

 7)日光にあたる前には光毒性(皮膚に塗布された状態で紫外線を浴びると、炎症を起こす)をもつ精油は使用しないようにしましょう。  
◎光毒性をもつ精油
  ベルガモット、レモン、グレープフルーツ、ライムなどの柑橘系  
※お散歩スプレーは、濃度も薄く、わんちゃんの被毛にしか付かないので心配はありません。どうしても気になる場合は上記精油を避けましょう。

 8)子供や子犬への使用量に注意しましょう。
  ・3歳未満:芳香浴のみ(犬の場合:6ヶ月未満の子犬は芳香浴のみ)
  ・15歳未満:成人の使用量の1/10から始めて1/2を限度にする

 ■保管上の注意
 1)キャップをきちんと閉め、高温多湿のところを避けて冷暗所に保管しましょう。

 2)子供や犬の手の届かないところに保管しましょう。

 3)火気の近くには置かないようにしましょう。

| 未分類 | 10:32 | comments(0) | trackbacks(0) | TOP↑

≫ EDIT

肉球クリーム講習会

昨日、「わんこの肉球クリームをつくろう」のテーマで講習会を開きました。


私たちの手荒れが辛いように、犬も肉球が乾燥したり、傷ついたりすると辛いのです。
冬は乾燥して荒れてしまうのですが、夏も熱くなったアスファルトを歩いてガサガサになったり、ジメジメした湿度で雑菌がついたりと、肉球にやさしくない気候です。

犬の肌周期は20日なので、毎日ケアしてあげれば、20日後にはふっくらプリプリの肉球に生まれ変わります。

最近は専用のクリームも市販されています。
でも、精油やミツロウ(ミツバチの巣から抽出したもの)を使って、簡単に作ることができるんですよ♪
精油には保湿、殺菌、抗炎症などの作用があり、これらを利用すれば、わんちゃんがなめても安心のナチュラルなクリームができます。
好きな香りで、効果もバツグン、そして安上がり~♪


みるくはクリームのおかげもあって、いつもプリプリの肉球です。
私は冬にスキー場にみるくのクリームを借りて行ったのですが、市販のハンドクリームより潤ってとっても助かりました。

| おしごと | 14:58 | comments(0) | trackbacks(0) | TOP↑

≫ EDIT

ドーナツ+犬→火事?!

こんなニュースを見つけました。 飼い主さんも犬も怪我がなかったとのことで、ひとまず、ホッ。 でもちょっとした不注意で家が火事になってしまうなんて。 ===================================================== ドーナッツに魅せられた犬、ご主人宅を燃やす!?=米バンクーバー 【ライブドア・ニュース 06月26日】 - AP通信によると、先週、米ワシントン州バンクーバーの北部郊外の町で、珍しい火災が起きた。火災原因は、ドーナッツがどうしても食べたかった犬だったというのだ。 地元クラーク郡の消防局の調べによると、その日、家の所有者はガス台の上にドーナッツの入った箱を置きっぱなしにして外出していた。どうしてもドーナッツが食べたかった飼い犬が、ガス台の上に飛び上がった際、ガス台の点火スイッチが入ってしまい、箱が燃え上がり瞬く間に台所、そして屋根裏へと広がっていったと見ている。 この火災による被害額は、7万5000ドル(約870万円)になるという。火災時、犬以外は、家族全員が留守にしていたが、犬にケガはなかったそうだ。 ======================================================= これって私たちのまわりでも起こりえる事故だと思うんです。 火事とまではいかなくても、思わぬ行動で怪我をしてしまったり、何かを壊したり。 ほとんどのわんこは食いしん坊&いたずらっ子です。 飼い主さんの目が届かないとき、犬が何をするかわかりません。 この飼い主さんも「まさか・・そんなことするなんて!」って思われたことでしょう。 みなさんはどんなところでわんちゃんをお留守番させていますか? サークルやケージの中?それともお部屋で自由にさせている? お勧めしたいのはサークルやケージの中です。 わんちゃんの手が届くところにはさわっても安心なものだけある状態にしておくことが大切。 わんちゃんがいるスペースが限られていれば、管理しやすいですよね。 もし、お部屋で自由にさせている場合は、もう一度点検してみてはいかがでしょう? 昨日まで何もしなかったから大丈夫・・・? いいえ、今日はいたずら気分になっちゃうかもしれませんよ。 念には念をいれて。まさか!にならないようにしましょうね。 たいせつなわんちゃんを守れるのは飼い主さんだけですから。
写真はみるくのサークルです。 ゴハンやおやつ食べるときとお留守番のときはここです。 (狭い部屋の半分をこのサークルが占めています・・・。)

| わんこネタ | 09:45 | comments(0) | trackbacks(0) | TOP↑

2006年06月 | ARCHIVE-SELECT | 2006年08月

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。